情報提供

消費税の適格請求書等保存方式について

〇インボイス事業者の登録申請が本年10月から受付が開始されます

  詳細は、インボイス制度のパンプレットをご覧ください。

 適格請求書等保存方式の概要 ―インボイス制度の理解のためにー

 0020006-027.pdf (nta.go.jp)

新型コロナウィルス感染症対策について

〇令和3年度補正予算について

中小企業庁関係予算に関する情報については、下記URLからアクセス

https://www.chusho.meti.go.jp/koukai/yosan/index.html

〇新型コロナウイルス感染症緊急経済対策としての固定資産税等の軽減措置の申告について

「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」(令和2年4月7日閣議決定)の一環として、固定資産税等の軽減措置(※)が昨年4月に導入されたところですが、本措置の適用を受けるためには、一定期間の事業収入の減少等、市町村への申告内容について、事前に税理士や商工会議所など認定経営革新等支援機関等による確認を受けることが必要とされております。

本措置の申告期間は、令和3年1月1日から31日までとなっております。

【中小企業庁URL】

https://www.chusho.meti.go.jp/zaimu/zeisei/2020/200501zeisei.html

(補足)

【(※)措置の概要】

新型コロナウイルス感染症の影響で事業収入が減少している中小事業者・小規模事業者を対象に、令和3年度分の事業用家屋や設備等の償却資産に対する固定資産税・都市計画税を、事業収入の減少幅に応じて減免

 ・令和2年2月~10月までの任意の連続する3ケ月間の事業収入が

     (ア)前年同期間と比べて50%以上減少した場合は免除

     (イ)30%以上50%未満の場合は半分に軽減

〇卸売市場における新型コロナウイルス感染症感染拡大予防ガイドライン

〇食品産業事業者の従業員に新型コロナウィルス感染者が発生した時の対応及び事業継続に関する基本的なガイドライン

〇中小企業・小規模事業者向けの支援策

〇新型コロナウィルス感染症対策の資金繰り支援【市場関係者の皆さまへ】

〇一般向け感染症予防に関するお知らせ(パンフレット)

〇感染症対策の基本方針(新型コロナウィルス感染症対策本部)

〇イベントの開催に関する国民の皆様へのメッセージ(厚生労働大臣)

HACCP関係

〇HACCPの考え方を取り入れた衛生管理のための手引書『青果仲卸業版』

〇HACCPの考え方を取り入れた衛生管理のための手引書『様式例』

その他

〇 マイナンバーカードのメリット拡大について

  ☆こ~んなに便利!マイナンバーカード☆

〇 マイナンバーカードの積極的な取得と利活用について

・2021.1.25 協力依頼(農林水産省食料産業局食品流通課より)

 マイナンバーカードの普及については、これまでも、昨年6月4日にデジタル・ガバメント閣僚会議で決定された「マイナンバーカードの普及とマイナンバーの利活用の促進に関する方針」に基づき、マイナポイント事業による消費活性化策や令和3年3月から開始予定のマイナンバーカードの健康保険証利用を念頭に、マイナンバーカードの積極的な取得と利活用の促進の呼びかけについてお願いしたところですが、改めて、農林水産省食料産業局食品流通課から、協力依頼がありました。

 マイナンバーカードの健康保険証利用は、企業の健康保険に係る事務のコスト縮減につながることが期待されます。また、従業員にとっても、公的な身分証明書になる他に、マイナポイント1人5,000円分(上限)がもらえるとともに、住民票の写し、課税証明書等のコンビニでの取得、e-Taxによる確定申告等での利用、さらには今後、運転免許証との一体化も検討され、住所変更等の際、市区町村窓口でマイナンバーカードの住所変更をすれば警察署に届け出ることは不要になるなど、マイナンバーカードは、大きなメリットがあるカードです。

 つきましては、マイナンバーカードの積極的な取得と利活用の促進を行っていただきますよう、お願い申し上げます。

【リーフレット】

2021年3月(予定)からマイナンバーカード健康保険証として利用できるようになります!

【参 考】

マイナンバーカードの普及とマイナンバーの利活用の促進に関する方針(抄) 

(デジタル・ガバメント閣僚会議)

〇軽減税率制度について

 <各種コールセンターのご案内>

 

 <その他パンフレット>